美しい姿勢とスタイル・ヒップ・脚・姿勢もキレイに

骨盤の状態は外見にも大きく影響します。 ポイントは、骨格と筋バランスです。

身体の基盤となる骨盤が歪めば、全身に歪みが生じるのは必然です。 その全身とは頭のてっぺんから足の爪先にまで及びます。 決して大袈裟ではなく・・・。 その中でも、皆さんにとって興味深いものをいくつかピックアップしてみました。

ヒップラインのくずれ

ヒップラインにも骨盤の状態が大きく関係しています。

骨盤の開きや後傾、大殿筋や中殿筋の衰えが“垂れ尻”の主な要因で、骨盤を締めておくには骨盤底筋群や腹横筋の働きが重要ですが、それらの働きを支え姿勢を保つ筋肉に中殿筋があります。 中殿筋は大殿筋を上から吊り上げる働きがあり、ヒップアップには欠かせない筋肉です。 そう、実はお尻は、下から持ち上げても上がらないんです。 中殿筋が上から引っ張り上げて初めてヒップアップします。

それから骨盤の歪みはヒップラインの崩れにつながります。 骨盤を正しく引き締めておくことは、必然的にお尻回りの筋力強化につながり、小さく引き締まったヒップラインを形作ります。 反対に、大きく垂れたお尻は、完全な筋力不足なのです。

ポッコリお腹

いわゆるポッコリお腹は下腹部の膨らみですね。

これは腹横筋の緩みが主な要因です。 一般的な腹筋運動で鍛えられる腹直筋とは違います。 腹横筋もまた骨盤を引き締めておく大切な筋肉です。 骨盤を矯正するために腹横筋をトレーニングすることがポッコリお腹の解消につながります。

骨盤矯正がポッコリお腹解消に効く良い例です。

O脚、X脚

骨盤が開いたり後傾すると、その状態でもちゃんと立てるように大腿骨が外向きになります。 それがO脚の主な要因。 また反対に、骨盤の前傾やズレがX脚に影響します。 見た目も良くないですが、こうしたバランスの悪い状態は股関節やヒザ、足首といった下肢の間接に負担をかけ、様々な健康被害につながる可能性があります。 骨盤を矯正し正しい位置に戻す事で、股関節などの下肢の間接も正しい位置に戻っていきます。

姿勢が悪くなる

骨盤の歪みは、両肩の高さの違いや、前後のバランスの悪化、猫背などに現れてもきます。 これは肩掛けバッグをいつも同じ肩にかけるとか、落ちてるものを拾うときはいつも同じ手とか、床に座るとついどちらかに横座りしてしまうとか、つい脚を組んで座り、その時はいつも同じ脚が上になるとか、普段の生活習慣が大きく影響しています。 これらは全て筋肉のバランスが崩れた事によって骨格が歪み起こります。 生活習慣の影響を正すには、先ず最初に身体の土台である骨盤を正しい状態に直し、その状態を支える筋力を取り戻すことから始めるのが近道だと言えます。

最もお手本になるのが、ピラティス・インストラクターさんです。 彼女たちは身体の内側の筋肉(インナーマッスル)を鍛える事で正しい姿勢を手に入れています。
ピラティスをやっている方は、見た目はとっても細くてスタイルがいいのに、実はすごい筋力を持っています。 インナーマッスルを集中的にトレーニングした結果です。

私たちにはそこまでできなくても、参考にする事はできるはずです。 ピラティスの基本もまずは骨盤です。 骨盤を正しい状態に保つための筋力トレーニングを実践します。 骨盤美人はスタイル美人という言葉はピラティスから生れた言葉。 ピラティスができなくても、骨盤美人を目指す事はできるはずです。 私は少しだけですがピラティスを習った事がありますので、骨盤ベルトも使い方次第でそれに共通する効果を上げる事ができることが分かりました。 それはまた別の機会に紹介しますね。