産後太りと骨盤ベルトの関係

産後太りの原因、一言で言ってしまえば、身体中が“緩んで”しまっているってこと。
筋力の緩み、骨格の緩み、それらが身体を歪ませ、血行やリンパの流れを悪くして、老廃物を溜め込み、脂肪燃焼を妨げたりしています。 こうした緩みとバランスの崩れで、体調不良を訴えるママも少なくありません。 それと女性は生理の度に骨盤が開きます。 軽く出産に備えるような働きが身体の中で起こっているのです。 これは多かれ少なかれ、出産に関わらず骨盤は歪みやすいということで、つまり、骨盤の歪みを改善して引き締める「骨盤矯正」が大切なことだと言えます。

続いて、出産で骨盤が開いたり歪んだりした場合の具体的な症状について・・・

産後太り

産後太りの特徴として、体重は減ってもサイズが落ちないというものがあります。 おもに背中からウエストにかけて、下腹部から太ももにかけてプヨプヨしたお肉がついたり、妊娠前の服が入らなくなることが多いようです。

体重が戻らないのも「体重は戻ってもサイズが落ちない」予備軍で、大きな要因は筋力の低下によります。 妊娠中から出産にかけて、とにかく筋肉(特に骨盤回りのインナーマッスル)が緩んでいきます。 産後これらの筋肉は回復に従って徐々に使われるようになります。
出産によって緩んだ筋肉をそのままにしておくと、骨盤は開いたままになり、筋力が衰えて、せっかく燃焼しやすくなっている脂肪を燃やさないまま溜め込んでしまいます。 それとリンパの流れの悪化が重なり、産後太りとして表れます。

骨盤を開いたままにせず引き締めることが大切なのですが、骨盤を引き締める筋肉は産後弱ったままですので、骨盤ベルトやエクササイズを上手く活用することが重要です。

腰痛

腰痛も多くの産後ママの悩みのタネですね。

これも筋力低下と筋バランスが崩れている状態で、家事や育児、特に赤ちゃんを抱き上げたりという負担が溜まって起きることが多いのです。 腰痛は、産後太りと並ぶ、産後ママの大きな悩みなのです。

骨盤の歪みやズレが原因で腰痛になることもあります。 これらは腰、骨盤に負担がかかっていることは間違いないので、ベルトなどを活用しながら負担を軽減すると予防につながるかも知れません。

下半身の歪み、尿漏れ

骨盤が歪みと脚の歪みは深く関係しています。

O脚やX脚は骨盤を矯正する事で直る場合が多いのもそのため。 それと、骨盤が開いて余分なお肉が溜まると体重が増えて、脚の関節に過度の負担が掛かることがあり、これが脚の歪みにつながる場合もあります。

骨盤の歪みや開きが筋力の衰えによるものだということは繰り返しお伝えしていますが、尿漏れも、こうした筋力の衰えによる代表的な症状です。 おもに骨盤底筋群が緩むことで尿を抑える力が弱まり、クシャミなどで腹圧が上がると「ピョッ」とでてしまうことがあります。

骨盤矯正で気をつけたいのは、外圧に頼らないということです。 骨盤を引き締めておく筋力が回復すると尿漏れ、尿失禁は自然と改善されます。 また、尿漏れがこわくて水分を控えようとするとムクミの要因にもなりますので筋力回復による骨盤矯正を心がけましょう。